えごま油と亜麻仁油をサプリメントで!やずや「アマニとえごま」口コミ

日ごろの生活習慣が顔に出る年齢=38歳?!「油は太る」は大間違い!

この記事は、約513秒で読めます。

特に、セサミン12mgはサントリー商品よりも多い配合量です。体にいいとは言っても油をそのまま飲むのは続けにくいもの。サプリメントで補える嬉しい商品が、やずや「アマニとえごま」です。

女性に生まれたからには「美しくありたい」「きれいでいたい」と願う気持ちは誰でも一緒ですね。さらに、ただ見た目だけにこだわるのではなく、健康的な美を追求して人生を楽しみたい女性の意欲はますます盛んです。

いろいろな食材やサプリメントなどの健康食品があるなかで、このところ注目が高まっているのが「えごま油」や「アマニ油」です。

サラサラ成分たっぷり入ったえごまは美容と健康を願う女性の味方

えごま(えごま油)は、女性の美容と健康には頼もしい味方。食事のバランスがよくない方、活力の衰えを感じている方生活習慣・美容のどちらもケアしたい方、そして何と言っても昔に比べて見た目が変わってきた方。出産や育児で思うようにケアができなくなり、さらに年齢が重なった30代後半・・・年齢を重ねるにつれ表情やからだに響いていることを実感することが、どうしても増えてきます。

さて、「えごま」と言われてもその姿形が思い浮かばない人も少なくないようです。ごまの一種ですか?と思っている人もいますが、「えごま」は「ごま」ではありません。

えごまとは、シソ科に属する植物です。栽培されている状態か加工前のえごまを見れば、葉の形状がシソに似ていると感じられるでしょう。ごまとは違いますが、油として利用される点ではごまと同じです。

ごまと言えばセサミンが有名ですね!しかし、えごまはサラサラ成分であるα-リノレン酸を多く含有することで人気を集めています。α-リノレン酸は、人間が生きていくうえでなくてはならない脂肪酸でありながら、体内で作ることができない栄養素であり、必須脂肪酸の代表的なものです。

α-リノレン酸がどのくらい必要かといえば、1日につき概ね2グラム程度は欲しいとされています。つまり、食事などのかたちで2グラムは摂取しなければならないのです。そして、えごまにはα-リノレン酸が100グラム中24グラムも含まれており、まさにサラサラ成分たっぷりの食材なのです。

えごまは、太古の昔から食用として使われていた形跡が残っています。現在のような科学的な分析も根拠もなかった時代から重用されているのがえごまです。人類の生活のなかで一定以上の評価を得ていた植物であり食材といえるでしょう。

これなら、「えごま」そして「えごま油」が健康食品の分野で注目を集めているのも納得ですね。

アマニ油のサラサラ成分もえごまに負けず劣らずからだにうれしい

えごまと同様に、サラサラ成分α-リノレン酸を豊富に含む食材として人気なのが亜麻仁油(アマニ油)です。亜麻仁油(アマニ油)はその名のとおり亜麻仁から抽出した油です。

亜麻仁は、アマ科の植物の種子、つまり種のことです。亜麻自体は食用として利用されるだけでなく、強い繊維を持つことから衣類などの布製品などとしても利用されている植物です。エジプトのミイラを包む用途があったくらいですから、非常に長い期間にわたって人類に役立っている植物だといえます。

一般社団法人日本アマニ協会によれば、アマニの栄養成分に占める脂質の割合が43%で、そのうちα-リノレン酸が約60%あるそうです。つまり、アマニ100グラム中には約25.8グラム程度のα-リノレン酸が含まれている計算になります。この数値はえごまに匹敵するものです。

α-リノレン酸は、それ自体がサラサラ成分であるだけでなく、体内でDHAやEPAに変換される割合が1割以上あるとされており、美容と健康を考える女性のからだには申し分ない栄養素なのです。

見た目年齢が気になる女性に適したエイジングケア(※)アイテム

年齢とともに見た目が気になりだすのはどうしてでしょうか?

人間の体は加齢によって若い頃のハリがなくなってしまうものです。しわやシミが増え、たるみが目立つようになって行きます。

いわゆる老化現象ですが、自然の摂理だから仕方ないとあきらめられないのが女性心。エイジングケアで見た目年齢を保っておきたいですね。

そのために必要なことのひとつが、十分な栄養成分補給であることは言うまでもありません。その他には主に以下のような対策が知られています。

そして、栄養補給で忘れてはならないのが、えごまやアマニ油です。えごまやアマニに含まれるサラサラ成分α-リノレン酸の働きは、体内環境の改善にもかかわります。たとえば、悪玉コレステロールの減少と善玉コレステロールの増加に関係しているのです。

エイジングケアに人気のアイテムとしては、ごまの存在も忘れられません。ただ、ごまにはリノール酸がえごまやアマニよりも多く含まれています。リノール酸も必須脂肪酸ですので、摂取しなければならない栄養素です。

しかし、リノール酸は摂りすぎにも注意しないといけない成分。体への負担もバカにできないのです。また、リノール酸は、日常生活のなかで使用する食物油で十分に摂取できると考えられますので、意識して余分に摂取する必要はないでしょう。

ごまに比べると、えごまとアマニはリノール酸の含有量が少ないので、エイジングケアアイテムとしては有用だと言えます。さらに、アマニにはたんぱく質と食物繊維がα-リノレン酸ともども多く含まれています。

また、DHAやEPAがこれほど有名になって支持されていることも考えれば、α-リノレン酸を多く含んだえごまとアマニ、その油への関心は大きくなるばかりですね。

※ エイジングケアとは年齢相応のケア、維持していくためのケアのことを意味します。

毎日の食事で足りない栄養素はえごま油とアマニ油のサプリで補う

必須脂肪酸は食事で摂らなければならない栄養素ですが、現実的には通常の食事だけですべての栄養素を十分に補給することは困難です。年齢とともに食べる量が少なくなることも考えると、どの栄養素であるかに限らず、食事以外のもので摂取する必要も考えないといけません。

えごまとアマニは主に油を抽出して摂取するものですが、油そのものを食べるのは必ずしも快適とは言えないでしょう。しかも、酸化しやすく熱に弱い弱点を持っているため、使用するシーンが限られます。いつまでも摂り入れ続ける必要がある栄養素だからこそ、無理なく補給できるものでなければなりません。

そのためにサプリメントがあります。すでに、EPAやDHAをはじめ、さまざまな美容健康食品のサプリメントが活用されています。

もちろん、えごま油・アマニ油のサプリメントも用意されています。

やずやの「アマニとえごまセサミンプラス」なら追加成分も嬉しい

サプリメントを使用するうえで重要なポイントはなんでしょうか?

やずやの「アマニとえごまセサミンプラス」なら、1日目安量の4球を飲むだけで、α-リノレン酸が0.6グラム摂取できます。毎日摂取したいとされる2グラムの3割に相当する分量を手軽に摂れるのです。

しかも、やずやの「アマニとえごまセサミンプラス」に入っているのはアマニとえごまの成分だけではありません。

若さを維持したい女性にはうれしいサプリメント。プラスアルファが生きているサプリメント。それが、やずやの「アマニとえごまセサミンプラス」です。